引っ越し裏ワザ

引っ越しをスムーズする裏ワザ

進学、結婚、転勤などで引っ越しを何回か繰り返してきました。毎回バタバタと苦労して、やっと、引っ越しをスムーズに進める為の裏ワザが分かってきました。まず、引っ越し業者は相見積もりを取り、値引き交渉をします。

 

引っ越しの相見積もりを簡単にすませたいならこれ 【引越し価格ガイド

 

 

裏ワザ1.段ボールに梱包をする際には、一工夫が必要です。すぐに使いたい物はひとまとめにし、「すぐ開ける」と書きます。スリッパ、トイレットペーパー、ティッシュ、カッター、掃除用品、飲み物、軽食などは手持ちにするとスムーズです。

 

裏ワザ2.すぐあける箱には、カーテン、タオル、石鹸、シーツ、ごみ袋など引っ越し当日に使いたいものだけ詰めます。ガムテープやビニール紐も、空いた段ボールをまとめる際にあると便利です。漫画本や季節外の服など、急いで開封しなくてよい箱には「急がない」などと書いておくのも手です。段ボールにはできるだけ中身を書くことが、後々の開封作業を楽にします。

 

 

裏ワザ3.次に、引っ越し先の住居の簡単な間取りを書き、部屋に番号を振ります。梱包した段ボールにその番号を大きく書き、当日に業者にその間取り図を渡せば、指定の部屋に運んでもらうことができます。引っ越し業者により対応が違うかもしれませんが、私は過去2回、違う業者に依頼してこの方法を取りました。業者さんも、これはどこに運びますかと都度確認しなくて良いのが楽なようで、作業が早く済みました。必要な部屋の中に荷物が運ばれますので、開封時にそこまで気を重くしなくてすみます。

 

裏ワザ4.段ボールに入れなくてよいものもあります。例えばテレビは、業者が毛布でくるんでくれました。また衣装ケースは、中身を出さず、そのまま引っ越すことができます。養生テープなどで止めると、扉が開かないのでオススメです。

 

 

ひとまず引っ越し当日は、外食でもして、眠れたらOK位にしておくと気が楽です。引っ越し作業と新しい環境で、きっと体はクタクタでしょう。1日で片付けようとせず、「急がない」の箱はゆっくり開封していくこともコツです。

 

また、引越し即日なんて現実的ではないです。何日か余裕をもって荷造りをしましょう。

 

>>>NEXT :引越し高い!!!!!